水素水、どれで摂取するのが良いのか。

水素水、どれで摂取するのが良いのか。

最近は水素水が、体内の活性酸素を除去したりパーキンソン病などの疾患の治療において用いられています。

日常の健康管理から疾患対応、果てはダイエットにまで効果がありそうだと話題に上っていますね。

では、どうやって水素水を入手するかというと、いくつかの方法があります。

それは疾患対応の場合には、研究の一環で水素水を患者さんに提供しているケースがあります。

一般には水素水サーバーを導入したり、携帯に便利なパウチされたものなどがありますね。

マグネシウムが入ったスティックを水に注ぐと水素を生成するものもあったりと、使うシーンによっても様々です。

なお、サーバー型の場合は、マグネシウムフィルターを通して水素を発生させます。

ですので、水素分子が不安定で実質的には水素水としての効果は低いようです。

電解水素水生成器であれば、サーバー型に比べると水素水の効果は高いと言われています。

サーバ―、電解水素生成器、パウチ、スティック型など、それぞれを比較した場合、水素水の安定性という点では、パウチ型は「水素水」をそのまま詰めているので問題はありません。

トータルで考えた場合、継続して摂取することを考えるとそのランニングコストも大きな比較検討の項目ですね。

サーバーと電解水素生成器は、水道水から水素水を生成することができるので、これが一番ランニングコストが安いと言えると思います。

さらに水素分子の安定性を考えると、
電解水素生成器 > サーバー(フィルター式)> パウチ > スティック
となるのかなというところです。

しかし、生成器やサーバーはメンテナンスを考えると、それはそれで手間がかかってしまうので、そこは少しデメリットかもしれません。

水素水を比較するなら↓↓↓こちら
水素水比較ランキング アンチエイジングで人気!